日本人の誇れる金型やアルミ加工~世界でもトップクラス~

資材

作るということ

作業員

「作る」ということが、至るところで行われています。普段から飲んでいる清涼飲料水に使われている缶には、アルミが使われています。そのアルミは、アルミ加工をすることで飲みやすい形状を作っています。また、アルミ加工は必要な技術力があります。そして、あらゆるものが生まれているのがこの世界の姿です。たとえばそれは、或る製品であったりします。ここでは、そのことについてスポットを当てたい……そう思っています。工業製品を作る、ということ。しかし、このことは、あまりにも広大すぎるテーマです。もう少し的を絞っていきましょう。『部品加工』と呼ばれるものはどうでしょう?つまり部品加工とは、いろんな工業製品の核となり、周縁となり、部分となり中心となる、さまざまな部品を作るということです。そして、人の世界がそうであるように、工業製品の世界にだって、中心に立つものもあれば、その製品の機能を成り立たせるために支えたり、部品どうしを繋ぎ止めたりするものが必要なのです。繋ぎ止めるための部品といえば、ロータリーコネクターという物があります。『ロータリーコネクター』という名前が示しているように、これは「コネクター」の一種、「コネクトする」というのはまさしく、「繋がる」という意味のコトバですから、今回のテーマにピッタシじゃないでしょうか、ロータリーコネクター。部品加工の世界の中でロータリーコネクターを語る際には、もうひとつ『金型』というのも外せないカギです。金型は部品加工の技術のひとつで、特に金属加工の分野では基本的な技術となっています。金型とは、具体的には一体どんなものなのか、そして金型によって出来上がるロータリーコネクターは何をどういうふうにコネクトするものなのか。そのへんのことを、ここでは見ていきましょう!

一片の部品に

メンズ

日本の技術力は世界的に見ても優れているということが解ります。その理由としては、日本車が世界各国でも乗られている事と、金型の技術力も高いのです。金型加工は世界に誇れる日本の技術力なのです。

型にはめられる

男性

日本人の多くは型にはめられることが嫌いです。しかし、工業の世界では型にはめられるということはとても有意義なことです。そんな方は金型だったりプレス金型だったりするのです。

回転してコネクト

実施者

ロータリコネクターは回転することでケーブルと繋がっている機械が動いていても動作が円滑に行えるようにあるのです。このロータリーコネクターがあることで様々な工業製品を作り出すことが可能なのです。