日本人の誇れる金型やアルミ加工~世界でもトップクラス~

男の人

一片の部品に

メンズ

日本という国は、クールジャパンだの何だのと都会的でスタイリッシュな軽薄さが世界に売りに出されることが多くなりましたが、基本的には世界有数の工業国。特に、部品加工の分野では、世界じゅうでメイド・イン・ジャパンは信頼を得ています。日本製のものは性能が良いというのは、世界中でも日本車が乗られているということから認知度の高さを知ることができます。その正確さ、精妙さには数々の伝説が残されているほどです。また、「欠陥部品はホニャララ%に抑えてくれ」という注文に対して、そのパーセンテージきっかり欠陥部品を作って、「これで大丈夫でしょうか?」とお伺いを立てたという……ちょっとコレは日本人の愚直さを皮肉ったところもありますが、ひとつの伝説には違いありません。このようなお国柄ですから、当然、部品加工の技術の中でも、金属加工の面では代表的な『金型』の技術もしっかりと確立されています。この『金型』という技術について、ここでは概要を記してみることにしましょう。これは、正確には加工に使う道具の名前を示しているものです。金属加工を行う際に用いられる「型」の名称。さまざまな大きさ、形の部品が存在しますが、それらのサイズや形状に合わせ、作り上げるための「型」が、こう呼ばれているのです。金属の塊が材料として工場に運ばれてくると、さまざまな方法で、「型にはめられる」ということが行われていくわけです。このつぎには、その「型にはめられる」様子について説明しようと思います。